デザイン|【公式】プレシス横濱紅葉坂|横浜市営地下鉄ブルーライン「桜木町」駅(南1A駄口)徒歩5分 JR根岸線「桜木町」駅(西口)徒歩6分 みなとみらい線「みなとみらい」駅(出入口5)徒歩13分 みらいを見晴らす丘邸 新築分譲マンション

Quality
横浜周辺イメージ エントランス外観
完成予想CG

紅葉坂に新たな風景を創る、美学を追求したランドスケープ。

住棟の配置や雁行設計など、美しい高台の開放感や心地よさを
余すことなく享受できるようにデザインしたランドスケープ。
また、エントランス横には「オーナーズガーデン」を設け、邸宅を四季で彩りながら、
街に新たな緑景を描きました。
駐車場の出入り口には外観デザインと一体感のあるシャッターゲートを採用し、
セキュリティを高めるとともに、邸宅としてのトータルな美しさにもこだわりました。

敷地配置イラスト
※掲載の完成予想CG・敷地配置イラストは図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。※周辺建物、施設等は省略しております。※エントランス外観完成予想CGで表現されている道路は雨上がりの状態のものを想定して描いております。
※植栽は特定の季節の状況を示すものではありません。また、植栽の樹種、大きさについては未確定となっており、竣工時には完成予想CG程度には成長しておりません。予めご了承ください。※植栽はすべて参考写真で、実際のものとは多少異なります。
インナーアプローチ(風除室) 完成予想CG
インナーアプローチ(風除室)完成予想CG

紅葉坂の誇り高き財産となる、
モダン邸宅の深化を描く。

圧倒的な存在感を放つ、天井高約7.0mの3層吹抜。
外観のアクセントでもあり、この邸宅のシンボリックな存在が、3層吹抜のインナーアプローチ(風除室)。その伸びやかで透明感溢れる空間はまさに圧巻。ミュージアムを思わせる洗練された佇まいと雰囲気で、邸宅へのプロローグを彩ります。
洗練と風格に満ちた、エントランスホール。
エントランスホールに入ると目に入るのは、シンプルながら個性を放つオブジェのようなソファ。インテリアの配置や空間に工夫を凝らし、見る方向や立つ位置によって、視界に変化が生まれるようにデザインしました。オーナーズラウンジの風景が1枚のアートのように、迎賓の時を彩ります。
エントランスホール&オーナーズラウンジ 完成予想CG
エントランスホール&オーナーズラウンジ 完成予想CG
※掲載の完成予想CGは図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。※インナーアプローチ(風除室)より見える風景は現地周辺の街並みをCGで再現したものであり実際とは異なります。また、電柱・電線等は省略しております。※家具、照明器具、調度品は実際に設置されるものと異なる場合があります。
内廊下 完成予想CG
内廊下 完成予想CG

日々の、語らいの、
出会いのシーンが
物語になる品格の邸。

四季彩の絵画が愛でるオーナーズラウンジ。
ピクチャーウィンドが、ガーデンの風景を絵画のように映すオーナーズラウンジ。鮮やかな四季が彩る上質な空間が、この邸宅で生まれる出逢いや交流の一つひとつを、この邸宅で過ごすひとときひとときを、紅葉坂にふさわしい物語として綴っていきます。
日常をホテルライクに包む内廊下設計。
内廊下は優しく空間を包む間接照明やラウンドした天井、上質なカーペットでしつらえ、ホテルを思わせる気品溢れる雰囲気を演出。迎賓の空間はもちろん、邸内のすみずみにまで品格にこだわりデザインしました。外からの視線を遮りプライバシーを保護するとともに、雨風からも守りながら、私邸までエスコートします。
オーナーズラウンジ 完成予想CG
オーナーズラウンジ 完成予想CG
※掲載の完成予想CGは図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。※オーナーズラウンジから見える植栽は特定の季節の状況を示すものではありません。また、植栽の樹種、大きさについては未確定となっており、竣工時には完成予想CG程度には成長しておりません。予めご了承ください。※家具、照明器具、調度品は実際に設置されるものと異なる場合があります。

紅葉坂の目に見えない価値を、邸宅にして現す。

紅葉坂界隈は、戦後のモダニズム建築を牽引した前川國男氏設計の図書館や音楽堂、
横濱を代表するようなマンションなどが街を形成し、私たち建築家にとっては巡礼地のような特別な場所。
この地に私の手掛ける邸宅が加わることは栄誉でもあり、だからこそ、
この地の価値をさらに高める存在でなければならないと強く感じて、
このプロジェクトに臨みました。いや、挑んだ、と言うべきでしょうか。
日本開国時から続く由緒ある地としての歴史や邸宅街としての格、住むことが誇りに思える、
憧憬の地としてのオーラ。そんな紅葉坂の目に見えない価値を、
街に映る意匠に、空間の1シーン1シーンに織り込みながら、ひとつの街を創るようにデザインしました。
歴史、伝統、文化、先人たちの想いが築いた、“紅葉坂”という地力を余すことなく吸収して昇華する。
そして生まれたのが、この邸宅なのです。

外観イメージイラスト

hiroo nanjo

野呂 信哉

建築家/株式会社 南條設計室 取締役副所長

青森県出身。千葉大学工学部建築学科卒業。1997年株式会社南條設計室入社。以来、東京を中心に多数のマンションプロジェクトや再開発事業を手掛ける。その作品は、「都市景観大賞100選」や「首都圏優秀マンション優秀賞」「グッドデザイン賞」など数々の賞を受賞。

※掲載の外観イメージイラストは図面を基に描き起こしたもので実際とは異なります。※周辺建物、施設等は省略しております。
※なお、植栽は特定の季節の状況を示すものではありません。又、植栽の樹種、大きさについては未確定となっており、竣工時には外観イラスト程度には成長しておりません。予めご了承下さい。

  • Momijizaka 紅葉坂※1
  • Location 周辺環境※2
  • Access アクセス※3
  • Plan 間取り※4
  • ※徒歩分数 80m=1分
  • ※1 横浜鉄道蒸気出車之図 四代目歌川国政画(1873年) ※所蔵:横浜市中央図書館
  • ※2 紅葉坂(徒歩1分/約80m)
  • ※3 image photo
  • ※4 現地6階相当より北東方向を撮影した眺望写真(平成28年4月撮影) ※一部CG処理を施しております。 ※眺望は階数、住戸により異なり、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 資料請求
  • 来場予約
page top