コンセプト|【公式】プレシス仙台榴ヶ岡公園|JR仙石線「榴ヶ岡」駅徒歩8分 JR仙石線「仙台」駅(地下ホーム改札口側 2出入口)徒歩16分 新築分譲マンション

CONCEPT コンセプト

プレシス榴ヶ岡公園

榴ヶ岡BLOSSOM 憧れが咲く。誇りが訪れる。

春の訪れとともに眼前のサクラ並木から可憐な花びらが舞う、 プレシス仙台榴ヶ岡公園。
都市機能もアクセスも充実した「仙台」駅を、間近に控える地で、 さらに地域のオアシスとも言える「榴岡公園」を、日常の散策エリアとする、 理想の地で、誰よりも贅に寄り添う都市生活へ。

※掲載の外観完成予想CGは、図面を基に描き起こしたものに、榴岡公園写真(平成27年4月撮影※一部CG加工を施してあります。)を合成したもので実際とは異なります。
なお、植栽は特定の季節を示すものではありません。また、一部の周辺建物は省略しております。

杜と対峙する、解放の地へ。

柔らかな陽射しをたっぷりと受け止めて。眺めのいい風景にこころも満たされて。
「榴岡公園」という深き緑に覆われたスポットが、眼前にワイドに広がる地上15階。
贅沢とも言えるこのポジションが実現させるのは、 ひとクラス上の開放感と眺望。
窓の近くのリザーブ席に座れば、ゆっくり満ち足りていきます。

杜と対峙する、解放の地へ。

※掲載のCGは計画段階の図面を基に描き起こしたものに、現地高さ31mの南東方向の眺望写真(平成27年5月撮影※一部CG加工をしております)を合成したもので、実際とは異なります。
当該眺望は、将来にわたって保証されるものではありません。

サクラ並木や榴岡公園というワイドビュー。

現地のすぐ前にあるサクラ並木の向こうには、四季の潤いが満喫できる榴岡公園。
地域の人たちも憧れる、理想的なポジションを誇ります。

サクラ並木や榴岡公園というワイドビュー。
写真

※掲載のCGは計画段階の図面を基に描き起こしたものに、現地高さ31mの南西方向の眺望写真(平成27年5月撮影※一部CG加工をしております)を合成したもので、実際とは異なります。
当該眺望は、将来にわたって保証されるものではありません。

コンセプト

進化を続ける仙台エリアの都市景観に
彩りを添えるレジデンス。

再開発により生まれ変わる仙台エリアに 圧倒的なスケールを誇示するファサードが彩りを添える地上15階建てレジデンス。
変化し続ける景観と陽光を反射させるガラスパネルが、 美しくスマートな水平ラインを描写。
センスに満ちた都市ライフと潤いに満ちた深緑との関係性が 都市景観を新しく変える。

地図

※1掲載の外観完成予想CGは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。予めご了承ください。なお、植栽は特定の季節を特定するものではありません。また、敷地内の植栽の樹種、大きさについては未確定となっており、竣工時には完成予想CG程度には成長しておりません。周辺の建物は省略しております。
※2掲載の外観完成予想CGは、図面を基に描き起こしたものに、榴岡公園写真(平成27年4月撮影※一部CG加工を施してあります。)を合成したもので実際とは異なります。なお、植栽は特定の季節を示すものではありません。敷地内の植栽の樹種・大きさについては未確定となっており、竣工時には完成予想CG程度には成長しておりません。また、一部の周辺建物は省略しております。
※掲載の周辺環境写真は、平成27年4月に撮影したものです。※徒歩所要分数は、地図上の計測距離を1分=80mで換算したもので、端数は切り上げています。

Entrance

※掲載の外観完成予想CGは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。予めご了承ください。なお、植栽は特定の季節を特定するものではありません。
 また、敷地内の植栽の樹種、大きさについては未確定となっており、竣工時には完成予想CG程度には成長しておりません。周辺の建物は省略しております。

硝子の扉を抜けると現れるのは、
高感度なプロローグ空間。

道路サイドに連なる石貼りの植栽スペースを階段でワイドに切り取り、 限られた人だけをシックで格調ある空間へと迎え入れるエントランス。
硝子の扉を抜ければ、素材感に満ちた壁面とともに、 間接照明を散りばめた折上天井が、どことなくアートな雰囲気を感じさせます。

Entrance hall

※掲載のエントランス・エントランスホール完成予想CGは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。予めご了承ください。なお、植栽は特定の季節を特定するものではありません。
また、敷地内の植栽の樹種、大きさについては未確定となっており、竣工時には完成予想CG程度には成長しておりません。周辺の建物は省略しております。

  • 資料請求
  • 来場予約
page top