PRESIS プレシス

bar menu close
来場予約 資料請求

DESIGNデザイン

THE ONLY OASIS

柏の葉、オアシス街区。

深呼吸したくなる緑と、まばゆい光に包まれて、
ひときわ心地よい新たなライフステージが幕を開く。

2005年に開業した駅を中心に躍動と成熟の表情を深める柏の葉キャンパス。 いま、この広大な街の次代を切り拓く、新しい開発が鼓動し始めました。 私たちは、土地区画整理事業によって新たに整備され、駅周辺の華やぎと寄り添いながら豊富な緑に囲まれた好ポジションを得て、木々や花々に彩られる全邸南東向きの明るいレジデンスを創造。 この地にかつてなかったオアシスのようなやすらぎに包まれる街区をお届けします。

img

外観完成予想CG

img

緑を豊かに、巧みに配した、
穏やかな景観美。

  • 緑の中をくぐりながら歩くかのような、樹々が並ぶエントランスアプローチ。

    駅からわが家へと戻ると、潤いの緑が心地よく迎えてくれます。街への導入部であるエントランスアプローチには、高木や中木を織り交ぜた緑のたまりをプランニング。季節ごとに表情を変える花々は、日々の暮らしに彩りを添えてくれます。

  • img
  • シマトネリコのシンボルツリーなど、四季を彩る多種多様な植栽計画。

    春の訪れを誇らしげに告げるのは、淡紅色の花が咲くヤマザクラや赤紫色の花びらをつけるヒラドツツジ。初夏にはシマトネリコが白い花を咲かせ、秋にはイロハモミジが赤く染まります。たんに豊富な植栽をあしらうだけでなく、四季を豊かに体感できる植栽計画を実施しました。

  • img
  • img
  • 便利さや機能性、快適性を
    高めた敷地計画。

    恵まれた敷地形状を活かし、緑と光の街を創造。

    長方形状に延びるゆとりある敷地に、南東向きのゆったりとした住棟を配して、採光・通風性を高めています。道路側とスーパー&ドラッグストア側からは、セットバックさせてプライバシーに配慮しています。

    敷地内の安全性に配慮し、人と車の動線を分けた歩車分離設計に。

    ここに住まう方々が安心して、心地よく日々を愉しむことができるように、歩行者と車の出入口を分け、ストレスなくスムーズに移動できる動線計画を採用しています。

img

  • img

    外観完成予想CG

img

日々の暮らしを心地よく、
美しく引き立てる共用空間。

  • 161家族のための潤いと温もりを演出した共用空間。

    161家族にとって、まるでわが家の一室のように心地よい共用空間をデザイン。森のなかを抜けるかのようなエントランスアプローチの潤いに導かれて歩を進めると、温もりの明かりを灯すラウンジが現れ、帰宅のひと時を穏やかな雰囲気で包み込んでくれます。

  • 光に抱かれ、緑と響き合えるエントランスホール。

    エントランスホールでは、落ち着いた雰囲気のオフホワイト系の天井とベージュ系の壁に設けたスリット状の隙間から、あたたかなダウンライトの光が降り注ぎます。正面に見えるのは、幾何学的な坪庭の風景。通り過ぎる度に清々しい気分を味わえます。

  • img
img

住まう方々の特別な時間のために
設えたラウンジ。

  • img
  • 森の中のガラスボックスのように、豊かな植栽を眺めながら過ごせるスペース。

    ガラス越しに季節ごとに表情を変える緑の風景を眺めることができるラウンジを1階に配置。木目調のタイルを敷き詰めた床と、大判タイルの大きな柱のあるスペースが、落ち着いた趣のあるスペースを演出。夜にはダウンライトが灯り、森のなかで穏やかな光を湛えるガラスボックスのような美しい景観を見せてくれます。

  • 大きなソファーに腰掛けて語らいや読書など、ゆったりと寛げる特別な空間。

    大切なゲストが訪ねてきたときにも、自信をもってお迎えできるよう、ラウンジはシックな雰囲気の上質空間に仕立てています。折上天井や壁面を埋める書棚にも同系色の木調シートを採用し、間接照明によって和やかな光を演出しています。

※掲載の完成予想CG・敷地配置イラストは、現地周辺の写真(2020年9月撮影)に図面を基に描き起こしたもので実際とは多少異なります。敷地の植栽の樹種、大きさについては未確定となっており、竣工時には、完成予想CG・敷地配置イラスト程度には成長致しません。植栽は特定の季節の状況を示すものではありません。また、家具・調度品等の形状・色等は今後変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※ラウンジのご利用にあたっては、管理規約に準じていただきます。