PRESIS プレシス

bar menu close
来場予約 資料請求

STRUCTURE構造・セキュリティ

空間に自由度を生み出す
機能性を備えて。

  • 高い天井や壁内蔵梁、アウトフレーム工法で開放的な居住空間を追求。

    最大約2.6mの天井高や室内の出っ張りを極力少なくした壁内蔵梁を実現し、さらに柱を外に出して部屋の凸凹をなくすことで空間を広く使えるアウトフレーム工法を採用。これによって居住空間の採光・通風性や開放感を高めています。

    img

  • リビングと洋室の間仕切りを可動式にした「ウォールドア」を採用。(一部住戸除く)

    リビング・ダイニングと隣り合う洋室の間仕切りにウォールドアを採用。開け放てば一体的な広々空間に、閉じれば別々の空間に。ライフスタイルに合わせて自在な使い方ができる可変性を持たせています。

    img

  • アウトドアリビングとなる、約2.0mの奥行きを確保したバルコニー。

    のんびりとした午後のブランチやティータイム、夜空を眺めながらの語らい、さらにガーデニングも可能。家族の暮らしに贅沢な時間をもたらしてくれます。

    img

    邸宅としての洗練さを際立たせるバルコニーのガラス手摺り。(一部住戸除く)

    バルコニーには乳白色のガラス手摺りを採用。縦と横の直線を強調した端正な外観デザインに爽やかなアクセント与え、ランドマークとしての堂々とした佇まいに洗練された印象を高めています。

STRUCTURE/SECURITY 
堅牢な基本構造と、先進のセキュリティー。

  • img

    杭基礎構造

    当建物は支持層に到達するように、約41.0mの鋼管コンクリート杭を37本打設。耐力・耐震性の高い堅牢な基礎を構築しています。

  • img

    外壁の断熱

    外部に面した壁・梁・柱の室内側には20~30mmの断熱材を吹付けし、プラスターボード張りとしています。(一部除く)※断熱材の厚みは部位により異なります。

  • img

    遮音性に配慮した壁構造

    戸境壁は約220mm(EVシャフトとの境は200mm)を確保し、耐久性とともに遮音性を高めました。また外壁は約220mm以上のコンクリート壁または約100mmのALCを採用しています。

  • img

    溶接閉鎖型フープ筋

    主要構造部のコンクリート柱には、工場であらかじめ溶接された溶接閉鎖型フープ筋を採用しています〔仕口部分(柱基礎梁接合部)は除く〕。繋ぎ目のあるフープ筋を用いた場合に比べ、より粘り強さのある構造となります。

  • img

    コンクリートのかぶり厚さ

    鉄筋をコンクリートで覆い腐食から守るため、建築基準法では最小かぶり厚さが定められています。「かぶり厚さ」とは、コンクリートで鉄筋を包み込む厚さをいいます。

  • img

    ダブル配筋(一部除く)

    床や壁(耐震壁)などの主要構造部では、鉄筋を格子状に組立て二重に組むダブル配筋を標準としています。(一部箇所はシングル配筋。)

  • img

    屋上・最下層の断熱

    屋上は、コンクリートと防水層の間に断熱材を敷き、太陽の熱による最上階住戸の温度上昇防止に配慮しています。また最下階の住戸では、床コンクリートの下に断熱材を設けることで断熱性を高め、床からの居住空間の冷え込みに対応しています。※生活環境等の影響により、結露・カビ等が発生する場合があります。

  • img

    対震枠玄関ドア

    ドアと枠の間に適切な隙間を設け、地震などによりドア枠が変形した場合でも開閉不良を生じにくくします。

  • img

    コンクリートの設計 
    基準強度30N/m㎡以上

    主要構造部に採用しているコンクリートの耐久設計基準強度は24N/m㎡以上です。住棟本体の設計基準強度は30N/m㎡以上です。(付属棟、付属構造物等を除く)

  • img

    水セメント比

    主要構造部のコンクリートは、水、セメント、骨材等で構成されています。このとき、セメントに対する水の比率(水セメント比)を抑えるほど、耐久性を高め、劣化を抑えることができます。当マンションのコンクリートは、この水セメント比を、住棟の上部構造は50%以下、杭は55%以下に設定しています。

  • img

    img

  • 24時間・365日体制の総合監視システム
    『OWL24(アウル24)』

    マンション内の建物・設備の異常や専有部の各種警報監視システムに、長谷工コミュニティの総合監視システム「OWL24(アウル24)」を採用しました。

    OWL24システムのポイント

    1. 専有部の異常を情報別・住戸別に判別、すぐに電話連絡が可能です。
    2. 警備会社が25分以内に現場駆けつけの一次対応を実施します。
    3. 二次対応は長谷工コミュニティ東関東支店他から技術者が駆けつけます。
    4. 警報対応履歴が「アウル24センター」に蓄積され、管理組合様へフィードバックします。

  • img

    ノンタッチ機能付オートロック操作盤

    玄関錠を集合玄関受信機にかざすだけでオートロックの自動ドアが開くため、スムーズに建物内へ入ることができます。

  • img

    エレベーターセキュリティー

    エレベーター操作盤に玄関錠をかざすか、キースイッチで操作するとロックが解除。その後、1階の乗場ボタンが押せるセキュリティーを採用しています。

  • img

    オートロックシステム&カラ−モニター付ハンズフリーインターホン

    エントランス来訪者をインターホン親機のモニターでチェック後、自動ドアを解錠。また、玄関先のインターホン子機とは通話ができ2重のチェックで安心です。

  • img

    防犯カメラ

    エントランスをはじめ共用スペースに24時間稼動の防犯カメラを13台(エレベーター内各1台、計2台含む)設置。威嚇効果、犯罪予防効果もあります。(リースとなります)

  • img

    ディンプルシリンダーキー

    理論上鍵違い数約1,000億通りある不正解錠が極めて困難なディンプルシリンダーキー採用。安心と安全をお届け致します。

SAFETY 
さらに充実したサポートをご用意しています

img

img