PRESIS プレシス

bar menu close
オンライン相談・来場予約 資料請求

STRUCTURE構造・セキュリティ

  • 安全で平穏な暮らしを守るマンションセキュリティ。ご家族の安全を守り、平穏な生活を守るため、災害や火災、不審者の侵入など、様々な緊急事態を想定し、万が一の状況を防止する対策を施しました。
  • PRシリンダー

    新たに開発した、精密・複雑な2WAYロータリータンブラー方式とロッキングバー方式を組み合わせたハイセキュリティシリンダーです。鍵違い数は約1000億通りとなります。

  • 使い勝手にも充分な配慮

    キーはどちら側を差し込んでも使用できるリバーシブルタイプです。キーの抜き取り位置のクリック感など誰にでも使いやすい設計となっています。

  • ALSOKによる24時間セキュリティシステム

    住戸内や共用部で火災などの異常が発生した場合、住戸内のセキュリティインターホンが警報音を鳴らし、警報表示が点滅、さらに管理室にも警報が届きます。同時に綜合警備保障へ自動通報され、迅速かつ的確に対処。状況に応じて関係各所に通報します。

  • 防犯カメラ設置(リース)

    共用部分各所に防犯カメラを設置。監視機能としてはもちろん、犯罪等の抑止効果も高まります。

  • カラーモニター付多機能インターフォン

    各住戸のカラーモニターでエントランスホールにいる来訪者を映像と音声で確認してから解錠できるので安心です。

  • ダブルロック仕様で安心のディンプルキー

    サムターン回し対策錠や鎌デッド錠、ダブルロックで玄関の安全性を高めています。

ダブルロック仕様で安心の
ディンプルキー

サムターン回し対策錠や鎌デッド錠、ダブルロックで玄関の安全性を高めています。

MIWAの非接触キーシステム

リーダの前を通行するだけでエントランスのオートドアセキュリティが解除できます。宅配ボックスやエレベーターも同じ鍵で操作ができ、とても便利です。

Raccess(ラクセス)ポップアップキー

Raccessポップアップキーは、マンションの共用玄関(オートロック)で、カバンやポケットから鍵を取り出すことなく、自動ドアを通過できるハンズフリーシステム向けの鍵収納型IDキーです。

  • ピッキングなどの不正解錠は非常に困難

    すべてのタンブラーが同時に揃わないと回転しないロッキングバーと複雑な形状のアンチピッキングタンブラーを採用。ピッキングは非常に困難です。耐ピッキング性能は10分以上です。

  • キーの複製は困難

    キーのディンプルの位置が複雑で加工に高い精度が要求されます。さらにキーの断面形状は、独自の仕様(PAT.P)のため、キーの複製ができず、高いセキュリティを保持できます。


Structure

アウトフレーム設計で、面積以上の広がりを実感できる住空間。

アウトフレーム概念図

部屋の凸凹をなくすアウトフレーム設計

柱を外に出す構造のことで、部屋の凸凹をなくすことで空間を広く使え、採光が良くなります。リビング・ダイニング家具のレイアウトがしやすく、スペースを有効活用できます。

基礎工法

現地は、地表より約16m以深に固い地盤があります(N値60以上)。この固い地盤に“41本の杭”を打ち込むため、揺れに強く安定した地下構造が実現されます。

快適で安心な暮らしを築く、強固な基本構造

床スラブや妻壁、戸境壁は、コンクリート内に鉄筋を二重に組み上げるダブル配筋(一部ダブルチドリ配筋)とし、高い構造強度を発揮しました。階下への振動や床面の衝撃音を吸収するため、乾式置床と空気層を設けた床工法を採用し、床スラブ厚は約200㎜を確保。遮音性に配慮した床材を使用し、遮音性能基準をLL-45等級としました。外壁のコンクリート厚を約150㎜(住戸部のみ※一部除く)確保し、耐久性・断熱性を向上。また、各住戸間を仕切る戸境壁をやく180㎜とし、隣住戸の生活音にも配慮しました。
※LL-45は床材単体(置床含)の性能であって、実際の建物ではこの性能が得られない場合があります。

相模原台地の安定した地盤

数万年もの歳月をかけて地層が積み重なることで、強固な地盤が形成されている相模原台地。現地はその上に位置しており、周辺一帯も含め液状化の可能性も低い地域となっています。


Quality

信頼に応える上質な価値を追求しています。

住宅瑕疵担保責任保険

住宅瑕疵担保責任保険とは、新築住宅の売主等(建設業者・宅建業者)が「住宅瑕疵担保履行法」に基づき、国土交通大臣指定を受けた保険法人と契約を締結し、その住宅に瑕疵が判明した場合、その補修費用等が保険金により補填される制度です。万一、売主等が倒産により、補修が行えない場合等は、発注者や買主が保険法人に直接保険金を請求することができるため安心です。また、この保険への加入にあたっては、保険法人の現場検査が行なわれています。

住宅性能評価

評価は、国土交通大臣に登録を行った、登録住宅性能評価機関に所属する評価員が行います。設計段階のチェック(設計住宅性能評価)と建設工事・完成段階(建設住宅性能評価)のチェックがあり、求められている性能どおりに設計がなされ、また評価を受けた設計通りに工事が進められているかどうかをチェックします。