PRESIS プレシス

bar menu close
来場予約 資料請求

ACCESSアクセス

Train Access
新宿へダイレクト、快適な通勤・通学を実現するマルチアクセス
路線図
  • ※1 本厚木~町田:日中平常時14分(小田急線急行利用)、通勤時15分(小田急線急行を利用、「相模大野」駅より小田急線快速急行に乗換え)
    ※2 本厚木~横浜:日中平常時27分(小田急線急行利用、「海老名」で相鉄本線特急に乗換え)、通勤時30分(小田急線快速急行を利用、「海老名」駅より相鉄本線特急乗換え)
    ※3 本厚木~渋谷:日中平常時43分(小田急線急行利用、「新百合ヶ丘」で小田急線快速急行、「下北沢」で京王井の頭線急行に乗換え)、通勤時47分(小田急線急行を利用、「相模大野」駅より小田急線快速急行に乗換え、「下北沢」駅より京王井の頭線急行に乗換え)
    ※4 本厚木~新宿:日中平常時47分(小田急線急行を利用、「新百合ヶ丘」駅で小田急線快速急行へ乗換え)、通勤時51分(小田急線急行を利用、「相模大野」駅で小田急線快速急行に乗換え)
    ※5 本厚木~新横浜:日中平常時31分(小田急線急行を利用、「町田」駅で横浜線快速に乗換え)、通勤時36分(小田急線急行を利用、「相模大野」駅で小田急線快速急行に乗換え、「町田」駅で横浜線に乗換え)
    ※6 本厚木~大手町:日中平常時61分(小田急線急行を利用、「新百合ヶ丘」駅で小田急線快速急行に乗換え、「代々木上原」駅で東京メトロ千代田線に乗換え)、通勤時64分(小田急線快速急行を利用、「代々木上原」駅で東京メトロ千代田線に乗換え)
TOPICS
今後、小田急線・相鉄線の利便性がさらに向上。リニア中央新幹線の開業にも注目。

小田急線の「複々線化」と「新ダイヤ」で通勤が快適に

2018年3月、小田急線複々線化の効果を高めるための新ダイヤの運行が開始。都心への通勤が、よりスムーズに。

相鉄線都心直通プロジェクト

相鉄・JR直通線が2019年度に開業予定、相鉄・東急直通線が、2022年度に開業予定。これにより、新横浜へのアクセス時間が短縮、新幹線の利用がより身近に。目黒駅までも時短。

image

リニア中央新幹線の開業で大阪・名古屋へ軽快アクセス

2027年、東京~名古屋間が開業予定のリニア中央新幹線。その新駅がJR横浜線「橋本」駅付近に設置されることが予定されています。隣駅「海老名」より相模線を利用すればリニア中央新幹線も手軽に利用できます。

image

BUS Access
バスも使い方次第で通勤を快適にする手段へ

現地近くの「小田急通り」バス停(約170m)より「本厚木」駅へは2分。平日朝6時台~9時台までに41本運行。足下が気になる雨の日も快適に通勤できます。

image

TOPICS
リムジンバスで、本厚木駅北口より、羽田空港へ、成田空港へ

ミロード2前にある、リムジンバス乗り場からは、羽田空港行のバスが1日12本、所要時間約60分~95分、片道大人1,550円、子ども780円で運行。
また、成田空港行のバスも1日6本、所要時間約132分~150分、片道大人3,600円、子ども1,800円で運行。乗換え無しで快適にアクセスできます。

CAR Access
都心から湾岸エリア、軽井沢まで手軽にアクセス

圏央道「海老名IC」へ、約2.3km(約3分)、東名高速道路「厚木IC」へ約3.5km(約4分)、関越自動車道、中央自動車道、小田原厚木道路、新湘南バイパスへ好アクセス。休日の行動範囲も広がります。

image

TOPICS
新東名高速道路の2020年度の全線開通(予定)で静岡・名古屋方面へ、交通状況が緩和へ

厚木南IC~御殿場JCTまで2018年度から着々と開通が予定されている新東名高速道路。
プレシス本厚木ソルティエは、「厚木南IC」まで約4.9km(約5分)静岡・名古屋方面へのアクセスも快適に。

  • ※掲載の鉄道路線概念図の所要時間は、日中常時()内は通勤時のもので、日中平常時は目的地に11:00 ~ 16:00着、通勤時は7:00 ~ 9:00着の最短時間のもので、時間帯により異なります。また、乗換、待ち時間は含まれません。
    ※掲載のバス概念図の所要時間はホームページに記載されている最小~最多の時間となり、道路状況により、時刻どおりに運行できない場合があります。 ※出典元:神奈川中央交通ホームページより(2019年9月現在)
    ※掲載の道路概念図の所要時間は現地から地図上の概算距離で時速60kmとして算出し端数は切り上げております。
    ※掲載の写真は全てイメージです。