PRESIS

コンセプト|【公式】プレシス八王子レグリオ|「八王子」駅徒歩10分、「京王八王子」駅徒歩13分 一建設の新築分譲マンション

THE ART RESIDENCE コンセプト

美術館と見紛うほどの凛とした佇まいを意識しました。
外から内に入る境界で心地よい緊張感を感じることが寛ぎに深みをもたらします。

外観完成予想CG
※外観完成予想CG
敷地配置イラスト

感性が広がる住まい。

通りを一歩入ったその瞬間から既に自邸へのアプローチがはじまっている。
起伏のある緑のラインが潤いと癒しを生み、エントランスへと導く。
全体のグリッドから感じる均整さが見る人に安心を与え、
人の手と時の経過がもたらす調和のとれた植栽が四季の移ろいを感じさせる。
品格が宿るラウンジで贅なる寛ぎを味わう。

エントランス完成予想CG
※エントランス完成予想CG

邸宅の外観は上質なマテリアルで格調高く。

アースカラーを基調とした素材感のあるタイルを邸宅の外観に使用し、邸宅の品格を高めました。

※建築資料等は設計段階の予定です。
タイル
Green Design
美しい色彩を加える、瑞々しい樹々。
植物

大通りから一歩入った路地裏空間を自邸へのアプローチ空間としてとらえ、
懐かしい風景を感じさせる植栽がエントランスへと導く動線となる構図にしました。

アプローチファーストイメージイラスト
※掲載のエントランス・エントランスホール完成予想CGは図面を基に描き起こしたもので実際とは異なります。植栽は特定の季節の状況を示すものではありません。また、植栽の樹種・大きさについては未確定となっており、竣工時には完成予想CG程度には成長しておりません。※3 Impressive=印象を与える。※4 絵画的=線的に対する言葉。ものの形態、輪郭を強調した線描主義的な作風に対し、ぼかしやドミ・トーン(中間色)を生かして画面全体の雰囲気を強調した、色彩中心の画風をさす。※5 Foyer(ホワイエ)=劇場の前室(ロビー)やたまり場。仏語。※6 掲載のエントランス周辺イメージイラストは設計段階のものであり、実際とは多少異なる場合がございます。
1階平面イラスト(部分図)

インプレッシブウォール

壁面に施した和紙はあえて抽象的な柄を使うことで
絵画的な表現とし見る人によってその印象が変わります。

ギャラリー

ホールの凛とした空気から感じるほど良い緊張を
徐々にほぐしプライベート空間へ誘います。

フォイヤー

窓越しに映える季節の移ろいがゆっくりとした
時の流れを演出し寛ぎの空間を創っていきます。
※1 グリッド=画面に表示される格子状の線。※2 Impressive=印象を与える。※3 絵画的=線的に対する言葉。ものの形態、輪郭を強調した線描主義的な作風に対し、ぼかしやドミ・トーン(中間色)を生かして画面全体の雰囲気を強調した、色彩中心の画風をさす。※4 Foyer(ホワイエ)=劇場の前室(ロビー)やたまり場。仏語。※5 掲載の敷地配置イメージイラストは設計段階のものであり、実際とは多少異なるばあいがございます。
デザイナー古賀正章
プレシスシリーズ実績
※掲載のエントランス・エントランスホール完成予想CGは図面を基に描き起こしたもので実際とは異なります。植栽は特定の季節の状況を示すものではありません。また、植栽の樹種・大きさについては未確定となっており、竣工時には完成予想CG程度には成長しておりません。
  • 資料のご請求はこちら
  • 来場予約
page top