壁と床だけで建物を支える「壁式工法」。

壁で支える構造の「壁式工法」は、柱や梁型がないので部屋内がスッキリ見え、広く感じさせます。さらに内外装の自由度と可変性に優れ、鉄筋コンクリートの表情や素材感が引き立つ工法とも言えます。何より安全面でも他構造に比べて耐震性に優れています。

地震被害を減らす、優れた耐震性能。

壁で建物を構成しているため、厚く頑丈な壁が、地震時に踏ん張って地震での倒壊を防いでくれます。その耐震性は阪神大震災で実際に発揮されています。

「壁式鉄筋コンクリート構造の被害は一般に小さく、ほとんどが無被害または軽微に属する被災程度である。これは震度7の地域についても言え、すぐ近くの建物が被災度判定上大破や倒壊であっても、壁式鉄筋コンクリート構造にはほとんど被害が見られないといった事例は数多くある」

※社団法人日本建築技術者協会編
 平成7年阪神・淡路大震災建築震災調査委員会中間報告書より抜粋

デッドスペースのない広い室内空間を実現。

壁式工法により、柱型が無く室内空間を広く使うことができます。デッドスペースも無くなる為、家具レイアウトの自由度も高くなります。

厳しい地盤の条件を満たした工法。

壁式工法は優れた構造がゆえに、建物の重量が大きくなってしまいます。そのため建物を支える強固な地盤が必要となります。その条件を満たした強固な地盤により「プレシス馬込ザ・テラス」の工法は実現しています。

光や風をたっぷり招き入れる、明るい部屋。

約2,200mmのハイサッシ(リビング)が、光と風を多く招き入れる広い開口部を実現。部屋の奥まで自然光を取り入れることで、リビングが明るく感じます。夏場には窓を開けると大きな通気口となります。

生活にゆとりと開放感を演出。

一般的な窓に比べ部屋が明るくなり、窓の面積が広いことで壁の圧迫感も少なくなり、居住空間に質の高い開放感を演出。部屋を広く見せてくれます。

安定した地盤をもつ武蔵野台地。

「プレシス馬込ザ・テラス」は関東の中心部をのせる武蔵野台地のひとつである荏原台に立地。建物の基礎地盤は、東京地区の基盤となる礫層であり、長い年月にわたって堆積した強固で安定しています。また液状化の可能性が低いことがでも知られています。

高台ならではの開放的で美しい眺望。

静かで安全な落ち着きある住宅街が形成された、標高約30mの高台の地に立地しています。窓から差し込む陽光の気持ちよさはもちろん、開放感のあるテラスから景勝の地に恥じない景色を堪能できます。

家族の安心を確保できる災害への強さ。

津波や集中豪雨による浸水・洪水などの水害に強いとされる高台に立地。さらにこの台地は国土交通省ハザードマップでも危険性が低いと評価されています。

※出典:国土交通省HP(国土交通省ハザードマップポータルサイト)より

建物倒壊や火災の危険度が低いエリア。

東京都の「地震に関する地域危険度測定調査」によると、東京で直下型地震が起こった際に、建物倒壊・火災の危険が低い地域だと評価されています。(建物倒壊危険度は、その地域にある建物の建築年次・構造・階数、地盤の質や種類、液状化の可能性などによって算出。 火災危険度はガスコンロ・化学薬品などの使用数や使用頻度による出火の起こりやすさと、木造建物の密集地など燃え広がりやすさによって算出しています。)

※「地震に関する地域危険度測定調査報告書(第6回)」(東京都都市整備局/2008年2月発行)に基づいております。この危険度測定は、すべての地域において均一に地震動に対する被災の程度を地域間で比較したものであり、特定の震源での地震を想定したものではありません。